投稿日:2024年6月26日 更新日:2024年6月28日

雛人形 特集 雛人形特集

ふらここで人気の雛人形ランキング!

お子さまのことを心から大切に思うママやパパ、そして何よりもお子さまご自身が大きくなった時にも、ずっとお気に入りの雛人形でいれますように🌿
ふらここはそんな想いを込めて、伝統的な技術を持つ職人と一緒に丁寧に上質なお人形をお作りしております。

今回はふらここの雛人形の中でも、皆さんがどの商品を注目しているのか、昨年2024年度の実績をもとにランキング形式でご紹介していきます!
是非こちらを参考にしていただきながら、お子さまにぴったりのお気に入りの子をみつけてくださいね🌸


👑ふらここの人気雛人形ランキング👑

第1位 ことこと 琳派名物裂

ことことのお顔
女雛と男雛

販売開始当初から、ふらここで1位殿堂入りの大人気商品♬
愛らしさと聡明な印象をお合わせ持つ『ことことちゃん』のお顔に、京都・西陣織の格調高い琳派名物裂のお衣装を合わせました♪

ふらここのお人形の中では珍しい赤いお衣装。品格ある琳派名物裂の柄とそのお色味が、聡明な印象のことことにとっても似合います💕
ナチュラルな台屏風なので、洋室にもぴったり。
スタッフも一押しのセットです!

第2位 れいれい 京刺繍・四君子

れいれいのお顔
女雛と男雛


気品高い美しさを持つ「蘭・竹・菊・梅」を指す四君子柄は、古来より親しまれてきた吉祥文様。
華やかで慈愛にあふれる『れいれいちゃん』のお顔にとてもぴったりな模様です🌸

白木調の台屏風に鮮やかな色味のお衣装を合わせることで、存在感をもってお飾りいただける華やかな仕上がりの人気セットです♪

第3位 れいれい 衣装着・うめ東風

れいれいのお顔
女雛と男雛

近年注目が高まりつつあるふらここの衣装着人形。
布地を一枚一枚着せ付けた衣装着人形は、より豪華な印象を持たせます♪
中でも人気な商品がこちらの『れいれい 衣装着・うめ東風』。

ご注目いただきたのは、なんといっても襲(かさね)のグラデーションです!
布地の配色にとことんこだわった、ふらここデザイナーのセンスが光る一品✨
『れいれいちゃん』のお顔ともとっても相性がいいですね!

第4位 めいめい 京刺繍・春爛漫

めいめいのお顔
女雛と男雛

春の桜が咲き乱れる様子をお衣装に表現した雛人形。
布地からぷっくりと浮かび出るその柄は京刺繍で施され、とても上品な仕上がり。
『めいめいちゃん』の透明感のある知的なお顔だちにもぴったりです🌸

また、人気の理由はお屏風にも!
格子状に作られたデザインのお屏風がシックで上質な雰囲気を作り出します。
シンプルなお部屋でも存在感をもって素敵にお飾りいただけることでしょう♪
※こちらの商品は2025年度一部改良予定!詳細は発表までお楽しみにおまちください♪

第5位 まいまい 装飾刺繍・花日和

まいまいのお顔
女雛と男雛

ぷっくりほっぺににっこりとほほ笑んだ口元がとってもチャーミングな『まいまいちゃん』✨お衣装には鮮やかなガーベラの刺繍を施し、華やかな印象に仕上げました。

お屏風の大きな毬(まり)の刺繍にはよく見ると金色の糸が使われ、角度によってはきらりと光りを感じます。このような細やかなこだわりにより、高級感のある印象になります♪
春の陽だまりを想起させ、飾ればお部屋がぱっと明るくなること間違いなしの雛人形です🌼

お気に入りの雛人形に巡り合えますように♪

今回は、昨年2024年度のふらここ大人気商品を5点紹介させていただきました!
もちろん、他にもふらここスタッフ自慢のおすすめ商品はたんさんございますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

雛人形の一覧を見る

もしどう選べば良いのだろうと悩まれた方は、今後、東京・東日本橋にあるショールームや、遠方にお住まいの方にご好評をいただいておりますオンラインショールームなどで、どうぞお気軽にご相談ください😊

今年も皆様の大切なお子さまに『ぴったりな雛人形』と、どうか巡り合えますように♪


この記事の監修者
代表取締役 原 英洋

1963年東京生まれ。祖父:原米洲(人間国宝)、母:原孝洲(女流人形師)。慶応義塾大学経済学部卒業後、大手出版社・集英社に入社。1987年父親の急逝により、家業である人形専門店に入社。1988年専務取締役就任。2008年に独立して株式会社ふらここを創業。女性活躍推進活動に注力し、2015年に経済産業省『ダイバーシティ経営企業100選』の認定を受ける。
スタッフ全員に光をあてたチーム体制を大切にし、人形業界全体の再興を見据え、「お客様に望まれる商品が多く作られるようになれば、業界も元気が出てくる。その先駆けになるものづくりを進める」ことをモットーとし、日本の美しい文化を次世代に伝えていくことをミッションとする。

代表取締役 原 英洋