雛人形が怖い? かわいい「ふらここ」のお雛様をご紹介

「わが子のためにお雛様を贈りたいけれど、雛人形は怖いから飾れない…」

こんなお悩みをお持ちの親御様もいるのではないでしょうか。また、雛人形を苦手としているお子さまも少なからずいらっしゃり、なかには「せっかく購入したのに娘が怖がって泣いてしまう」などとお困りのご家庭もみられます。

しかし、雛人形は女の子の健やかな成長を願って飾る縁起物。さらに「身代わりになってくれる」「厄を引き受けてくれる」といった意味合いもあるため、ぜひ『怖くない雛人形』を取り入れて大切に愛用していきたいものです。

そこで、今回は雛人形が怖いと言われる主な理由を解説するとともに、かわいいお顔や今風のデザインが特徴的なふらここの雛人形についてご紹介いたします。

怖くない雛人形をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

雛人形が怖いと言われるのは「お顔」が原因!?

まずはなぜ「雛人形=怖い」と感じる方がいるのか、その理由について探っていきましょう。

最も大きな要因と考えられるのは、日本人形ならではの「お顔」です。昔ながらのお雛様には切れ長の目をしたすまし顔の日本人形が多く、その独特なお顔立ちを不気味に感じる方は少なくありません。

また、日本人形には「髪が伸びる」「目が動く」「夜中に場所が変わっている」といった都市伝説が多数存在するため、そういった話と雛人形を結び付けて怖いイメージを抱いている方もみられます。

 

怖くないタイプをお探しなら「現代風のお雛様」がおすすめ!

昔ながらの雛人形も風情があって素敵ですが、もしも怖くないタイプをお探しなら「現代風のお雛様」を取り入れてはいかがでしょうか。

近年は怖い印象がない、愛らしいお顔立ちのお雛様が増えてきています。また、リビングのインテリアに馴染みやすい ナチュラルテイストのものも多いため、そういったかわいい雰囲気の雛人形を選ぶことがポイントです。

 

かわいいお顔に注目!ふらここオリジナルの雛人形

ふらここの雛人形のお顔は、見るたびにほっと心が和むような「かわいい赤ちゃん顔」がモチーフです。髪型や輪郭、表情、お化粧といったひとつひとつに個性を持たせた21種類のお顔をご用意しており、お好みにマッチするお雛様がきっと見つかります。

たとえば以下のようなお顔 が人気なので、ぜひチェックしてみてください。

・れいれい:すっきりと結い上げたまとめ髪やまあるく整ったおでこ、淡いピンク色の華やかなお化粧が印象的な「慈愛に満ちた清純なお顔」

・ことこと:まあるい輪郭にぷっくりほっぺ、きれいなおでこにはっきりとした目元の「おしとやかで聡明なお顔」

・めいめい:端正な目鼻立ちと淡い紅をさした上品な口元が魅力的な、「透明感のある知性あふれるお顔」

・まいまい:ふっくらほっぺの丸いお顔に、オレンジ色のお化粧と髪飾りで生き生きとした雰囲気を表現した「元気な笑顔の明るいお顔」

・ほのほの:ふんわりとしたまろ眉に穏やかに垂れた目尻、優しく笑いかける口元の「心が和む、朗らかでぬくもりのあるお顔」

ふらここの21種類のお顔はこちら>

また、昔ながらのお人形に比べてサイズが小さく、ころんとしたまるいフォルムであることも、ふらここの雛人形ならではの特徴です。さらにお人形のお衣装やお道具にパステルカラーを取り入れた現代風の配色のものも多く、明るく華やかな雰囲気をお楽しみいただけます。

 

毎年飾るのが楽しみになるような「かわいい雛人形」をセレクト

雛祭りに雛人形を飾る風習は、江戸時代から続く大切な伝統です。お子さまの健やかな成長を願う縁起物だからこそ、ぜひ好みに合うお雛様をセレクトして長く大切に飾りましょう。

ふらここでは、毎年飾るのが楽しみになるようなかわいい雛人形を種類豊富にご用意しております。ぜひ「心ときめくお雛様」を見つけて、毎年の雛祭りをにぎやかにお祝いしてください。

かわいい&コンパクトな雛人形がたくさん!ふらここの商品一覧をチェック>